e-haSeries

Menu
×Close

自費の案内をしてくれない

スタッフに自費診療の案内をしてほしいと思っている院長も多いはずです。
しかし営業的な側面を持つ自費の案内は心理面で非常にストレスになりますので、スタッフの性格により向き・不向きがあります。
スタッフの負担にならないような取り組みが必要となってきます。

よくある悩み

スタッフが自費の話は一切しない
自費の案内をしろと言ってもしてくれない

起きている要因

  • スタッフが自費=営業だと思い拒否反応を示している
    スタッフ自身が患者に直接説明するので、心理的負荷が大きくストレスになっている
  • 患者に嫌な顔をされるのが怖い
    患者との良好な関係が崩れ、居心地が悪くなることを恐れている

Scroll

e-haシリーズでご支援できること

e-haTV
歯科医院専用 デジタルサイネージ
(待合室テレビタイプ)
  • 待合室で流すだけなのでストレス・労力なく自費をPRできる
  • その場面に居合わせないので嫌な顔を見ない

e-haTVの詳細を見る

e-haSaver
歯科医院専用 デジタルサイネージ
(診療ユニットタイプ)
  • ユニットで流すだけなのでストレス・労力なく自費をPRできる
  • その場面に居合わせないので嫌な顔を見ない

e-haSaverの詳細を見る

e-haBooks
歯科医院専用 電子書籍サービス
(モバイルアプリ)
  • コンテンツが豊富なので、説明的なコンテンツの関連動画で自費動画になるなど、それとなく患者さんに自費誘導できる
  • 説明の流れが自然なため、スタッフの自費を薦めているというストレスはなくなる

e-haBooksの詳細を見る

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る