e-haSeries

Menu
×Close

自費の事をそもそも知らない人が多い

風邪などの症状で医科で診てもらった場合、ほとんどの場合が保険診療であり、歯の治療も保険で診てもらうのが普通だと思っている患者は少なくありません。
自費をする・しないに関わらず、歯科医院は患者に治療方法の選択肢を与える必要があります。

よくある悩み

患者と何も話もせず保険治療に移行している
自費に関する情報提供は一切行っていない

起きている要因

  • 歯科医院から歯に対する意識を上げる情報発信の手段がない(分からない)
    歯への意識が高くないと自費に関心を示すことはありません。
    意識を上げる情報提供が必要です。
  • 患者とコミュニケーションをとっていない
    自費の選択は先生と患者のコミュニケーションから生まれる信頼関係が必要です。
    話すきっかけがあればコミュニケーションが取りやすくなるのではないでしょうか?

Scroll

e-haシリーズでご支援できること

e-haTV
歯科医院専用 デジタルサイネージ
(待合室テレビタイプ)
  • 待合室の常にコンテンツを流しているので待ち時間さえあれば興味がない患者にも情報提供ができる
  • 音声付きなので自然と目線がいて見てくれる可能性が高い

e-haTVの詳細を見る

e-haSaver
歯科医院専用 デジタルサイネージ
(診療ユニットタイプ)
  • ユニットの目の前で半強制的に見せるので興味がない患者にも情報は伝えられる
  • 情報発信を繰り返すことによる、すり込み効果で将来的な自費にも繋がる

e-haSaverの詳細を見る

e-haBooks
歯科医院専用 電子書籍サービス
(モバイルアプリ)
  • 動画・静止画コンテンツが豊富で患者にあった番組が選べ患者にあった情報をピンポイントで伝えられる

e-haBooksの詳細を見る

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る